蛙の舌

マジック:ザ・ギャザリング(MTG)がメインになれば良いなと思ってるブログ

M:TG 注目のストーリーまとめ GRN-RNA

Trailer『灯争大戦』公式ティザー映像


[Trailer]『灯争大戦』公式ティザー映像 - YouTube

 

注目のストーリーカード

ラヴニカのギルド

  • ギルド会談/Guild Summit
  • 暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy
  • 火想者の研究/Firemind's Research
  • 千年嵐/Thousand-Year Storm

ラヴニカの献身

  • 一族の暴行/Rampage of the Clans
  • 有事の力/Emergency Powers
  • 天上の赦免/Ethereal Absolution
  • ケイヤの怒り/Kaya's Wrath

ストーリーカードの番号はなく、公式ストーリーでもカードの場面ではなく各ギルドにクローズアップしてますので、ドミナリアよろしくストーリー満載な灯争対戦ということになりますかね?

ボーラス側ギルドとしているのは

  • ゴルガリ(ヴラスカ)
  • イゼット(ラル)
  • アゾリウス(ドビン・バーン)
  • グルール(ドムリ・ラーデ)
  • オルゾフ(ケイヤ)

各ストーリーカードを色別(単色は推定)に見ると。

ゴルガリ (黒緑)1

イゼット (青赤)2

アゾリウス (白青)2

グルール (赤緑)1

オルゾフ (白黒)2

ボーラスサイドのギルドカラーに寄ってますね。

灯争対戦での注目のストーリーカードは何枚になるのか。ゲートウォッチ側ギルドを同じ数量だけだと8枚?

ヴラスカのことを考慮するともう少し増える?

●天上の赦免

"「死者を死なせる時です」ケイヤからテイサへ"

●ケイヤの怒り

"テイサがオブゼダートの会議を召集した。ケイヤがそれを終わらせた。"

繋がりを感じますね。

暗殺者の戦利品のアートではイスペリアが石化させられているようなアートとなっています。

ギルド会談よりは後の出来事なのでしょう。

有事の力はドビン・バーンですので暗殺者の戦利品後の話か、イスペリアが不在になったことが有事ということなのでしょうか。

ドビンをギルドマスターに上げるためのボーラスの根回しが見えたりしますかね?

●火想者の研究

なんかこう、嵐の行使のフレーバーテキストから邪推すると。

科学の力でプレインズウォークするニヴがファイレクシア(ミラディン)を見つけるとかどう?

旧ウェザーライトも出来たわけだし。